<< ジーニアスフラワー前夜祭 | HOME | FREAKY#07 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 ジーニアスフラワー

毎年恒例の野外イベント「ジーニアスフラワー」に初めて行ってきました。
糸島のキャデラックランチというレストランで、キャンプ場もある広い敷地が会場。
西風の明日香ちゃんの車に乗せてもらい、バーベキューにも誘ってもらって、
もう楽しいエピソードは山のようにありますが、長くなりすぎるので割愛。
ライブ中心に印象に残ったものを書きます(時刻はテキトーです)。


昼3時■ampfolk野村君が、SKA☆ROCKETSそうたろう君と二人で演奏。トロンボーンの入った「サマージャンボ」にぐっときた。メロディーや歌の良さが素直に伝わるシンプルなアレンジ。空の青さとも合って心地良かった。
昼6時■夕方の海が信じられんぐらいきれいだった(写真)。
夜7時■初めて観るV.S.HONER。モロコプラスのベースの人が歌っていた。演奏がいくら高揚しても淡々と歌うボーカルと歌声が独特で、かっこよかった。シュールなアメコミみたい。メロディーも好きだった。
夜11時■個人的ベストアクトDODDODOちゃん。歌手とかパフォーマーというより、女の子の塊という感じ。サンプラーのどんなノイズにも愛を感じるのは何故だろう。でもやっぱり歌が一番好きやなあ。ライブ後に話しかけきれんかったのが心残り。


弾き語りステージが始まる頃に日付が変わる。

深夜1時■gigiのチキンカレーが美味しかった。
深夜2時■ミワさん。いったん終わりそうになったけれどブーイングがおき(笑)、最後に「みたらほら」を演奏。この曲大好きなので、嬉しかった。曲そのものが良いっていうだけじゃなく、曲を聴いた時にその曲にまつわる個人的な記憶や感情が一緒に織り交ざるような曲が好きです。この曲が入っているMDが大好きで、MDをミワさんから受け取った時から今までの色んな何やらを、じんわり思い返しながら聴いていました。
深夜3時■見汐さん。この日のステージはマイクが無く生声だったので、声の大きさに合わせて弾くギターのタッチが優しい。いつもは歌に耳がいくけれど、この日はギターが気になって、いかついSGに似合わない音色が良かった。
深夜4時■携帯を無くしてあせる。みしおさんが携帯を貸してくれて、鳴らしながら探していたら草の中にピカピカと光る携帯を発見。みしおさんありがとう。
深夜5時■if MASAKA。あまりにも心地良いギターと歌声が子守歌のようで、8人ほど残った客が次々に撃沈していくさまが傍目におかしかった。イクマさんの弾くアコギは、軽やかやけどちょっと哀愁もあって好きでした。


けっきょく一睡もしないまま帰りました。
サービスが行き届いたかっちりしたフェスと違って本当にゆるいイベントなので、自分から楽もうとしないと、受け身だとある意味つらいイベントやなと思いました。でも無理しなくても、みんなが楽しもうという気持ちでいるのが感じられて私もいつも以上に色んな人に話しかけれたし、それで人の輪も広がりました。また来年もあれば、行きたいなと思います。(ハルコ)

| REPORT | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
| - | - | -


 COMMENT


 POST A COMMENT









 この記事のトラックバックURL
http://southpopdiary.jugem.jp/trackback/2
 TRACKBACK



CALENDAR 
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode