<< yojikとwanda 熊本ライブ会場へのアクセス | HOME | Wレコ発振り返り日記〜その1 Wレコ発が決まるまで〜 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 ありがとうございました!

「I Love You」yojikとwanda、あだち麗三郎クワルテッット、藤井邦博(魚座)
2016年1月16日(土)福岡 風街珈琲店




遅ればせながら、先週末の熊本と福岡のライブ

yojikとwandaレコ発(w/とんちピクルス、tinpei)

あだち麗三郎クワルテッット&yojikとwanda

Wレコ発ライブ
(O.A.藤井邦博)、ぶじ終了しました!



いつもイベントが終わった後は、しみじみと余韻に浸るか

みんな東京や遠方へ帰ってしまった寂しさでぽっかり穴が開くかなんですが

今回はなんというか。。。言葉になりませんでした。



やり切った感がすごすぎて、

マラソンを走り切って倒れこんだランナーみたいに

(とか言うとかっこつけ過ぎかもですが)

しばらくその場から動けずにいました。



遅くなってしまいましたが、関わって下さった方一人一人へのお礼も、

少しずつ伝えていきたいと思っています。

本当にたくさんの方がそれぞれの夜のために力を貸してくださって、

その一人一人にお伝えしたいことがたくさんあります。





まず、去年の夏の終わりごろ、

あだち麗三郎クワルテッットの福岡ライブが決まったことが本当に嬉しくて、

考えうる限りの最高のレコ発ライブをやりたい!と考えた時に

同じくすんばらしい新譜をリリースしたyojikとwandaも

福岡でライブしたいみたいだ、という事を知り、

もしタイミングが合えば、この組み合わせも相性ピッタリだし、

この2組でWレコ発が実現できたら最高なんじゃないか!?

もうこれしかない!!!!と天啓に打たれたぐらいの気持ちでいました。



もちろんあだカルのワンマンでもすばらしい夜になったと思うけれど、

ワンマンよりもツーマンの方が新しい音楽との出会いの場になりやすいし、

発売からしばらく経っていて、ファンなら既にCDを買ってるだろうから

今まで知らなかった人がライブを見て好きになってCDを買う、という

レコ発本来の目的を実現させるために、Wレコ発にしたかったのです。



最初からWレコ発で2組のライブをじっくり見せたかったので、

地元の共演も入れないつもりでした。

魚座でなく藤井さんにオープニングアクトをお願いしたのはそのためで、

でも藤井さんならたった1曲でも一気に持っていく力があるし

福岡で唯一2組とも共演した事のある歌い手でもあり、

これ以上ないトップバッターでした。



……と、そうやって理想ばかりは膨らむけれど、

正直な話、九州ではまだそれほど知名度がある訳ではない2組。

東京から2組も呼んで地元からの共演も無しで、

お客さんが来なかったらどうしよう、

ただの自己満足なんじゃないか、

無謀な事をやろうとしてるんじゃなかろうか、と

実は何度も諦めかけました。

しかもライブハウスではなく、音響機材も楽器も全て持ち込まないといけない

風街を会場に選んで……と、リスクの多い企画だったんです。



それでもこの2組のWレコ発を、風街で実現させたかった。

大コケするかもしれないし、怖かったけど、後悔だけはしたくなかった。



それは熊本ライブについてもそうです。

Wレコ発が決まったことでyojikとwandaが九州に来ることになり、

それなら念願だった「月下虫音」の出演も実現させたいし、

福岡だけでなくもう1県、熊本ライブも組みたいと思いました。



会場がなかなか見つからない中、ふと、以前訪れた

ミドリネコ舎のことを思い出し、調べてみたら

tinpeiさんやとんちピクルスさんがライブしている事を知り

いてもたってもいられずtinpeiさんに相談したところ

ミドリネコ舎の伊牟田さんを紹介してくださり、

さらに伊牟田さんのご紹介で、2階のRouetをお借りして

ライブを開催することになりました。

フード出店のGingilaさんも、伊牟田さんのご紹介です。



熊本のライブの共演に福岡のとんちピクルスさんをお願いしたのも、

yojikとwandaのライブを初めて見た時に「とんちさんしかない!!!」と

これまた天啓に…(以下略)

当日はtinpeiさんにも、たっぷり歌っていただきました。



福岡と熊本、どちらのライブも、出演者、会場、音響、宣伝、

すべて出来る限りの理想を実現させるために、

色んな方に相談してご協力いただきました。

そんな大げさな…という感じかもですが、

福岡ライブも熊本ライブも、未知の領域を開拓する気持ちでやっていました。

こんな事、私一人の力ではとても実現出来ませんでした。

誰か一人が欠けても、2日とも、

こんなに素晴らしい夜にはならなかったと思います。





当日のライブの様子をまったく書いてないですが……

これまた長くなりそうなので、改めて書きたいと思います。



熊本のRouet(ミドリネコ舎2F)、福岡の風街に集まってくれた皆さま、

そしてこの夜のために力を貸してくださった沢山の方々、

本当にありがとうございました!!!!!!







| DIARY | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
| - | - | -


 COMMENT


 POST A COMMENT









 この記事のトラックバックURL
http://southpopdiary.jugem.jp/trackback/108
 TRACKBACK



CALENDAR 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECENT TRACKBACK 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode